老舗のポップコーン専門店

ポップコーンといえば、映画館のお供ですが、最近はこのポップコーンもブームになっているようです。

映画館のお供といいますが、それ以外で食べることってあまりありませんよね。あとはディズニーランドくらいでしょうか。

やっぱりどこか非日常なお菓子ではあります。だから人気が出たのでしょうか。

行列のお店は、「ギャレットポップコーン」。シカゴで60年以上続く、老舗のポップコーン専門店です。

特色は、そのフレーバーの多さ。キャラメルクリスプ、チーズコーン、マイルドソルトなど、7種類のフレーバーがあります。

中でも一番人気は、キャラメルクリスプとチーズコーンが両方入った、シカゴミックス。甘いのとしょっぱいのが両方入っているなんて・・・これは止まらなくなってしまうに決まっていますね。

危ない食べ物です。ブルーのストライプのパッケージも、どこかスタイリッシュでおしゃれです。

このストライプがあしらわれた缶入りのポップコーンも大人気ですが、そのサイズにびっくりします。

なんと1ガロン。1ガロンとは役3,7リットルだそうです。すごい量ですね。パーティなどにいいかもしれません。

お店は、原宿と東京駅、そして千葉県の酒々井アウトレットにあります。

クリームソース入りの卵焼きが食べたい

スターバックスで注文するのはフラペチーノだけという、コーヒーの飲めない私ですが、行ってみたいコーヒー屋さんがあります。

それは「星乃珈琲」。東京を中心に40店舗ほどあるというチェーン店です。

お目当てはコーヒーではなく、「窯焼きスフレパンケーキ」なるもの。テレビで見たのですが、特筆すべきはその厚さです。

2~3センチはあろうかというボリューム。これが2枚重なっています。ホットケーキのように表面はサクサクなのに、中はふわっととろけて、本当にスフレのような食感だそうです。ふわとろの秘密は企業秘密なのだとか・・・。

このスフレパンケーキを求めて行列ができているらしいです。さらに、ここにはスフレドリアなるものもあります。

普通のドリアの上に、スフレがのっているんです。もちろん甘いスフレではなく、メレンゲのようにふわっふわに焼き上げたクリームソース入りの卵焼きです。スプーンを入れるとふわっととろけ、

その下にケチャップライス・・・これも魅力的です。

見よう見まねで真似することも多い私ですが、こういうものは自宅で作るのが難しいので、食べに行ってみたくなります。

パンケーキとドリア、どちらを頼むか迷ってしまいそうですが・・・。近いうちに行ってみたいと思います!

そうそう、こういう高炭水化物食品を食べたときには飲む生酵素を最近飲んでいます。

健康を害さないためにも欠かせない愛用のドリンクです。

早く日本の料理が食べたい!

海外旅行に行くたびに思うことがあります。それは「日本の食事っておいしいなぁ」ということ。

そんなに多くの国に入ったわけではありませんが、やはり日本の食事が一番だと思います。

大体何を食べても、「すっごくまずい!」ってことはそんなにないですから。

私は海外旅行というと、ビーチリゾートに行くことが多いので、食事に期待していくというケースは少ないのですが、食事が口に合わないと旅行自体がしんどくなってしまうことを痛感した旅がありました。

それは、グアム旅行です。

もちろんダイビングもしたしショッピングもしたし、旅行自体は楽しかったんですが・・・

「早く日本の料理が食べたい!」と何度思ったことか・・・。同じアメリカでもハワイはまだよかったんですけどね。

それなりに有名なホテルに泊まっていたので、ホテル内で食べればおいしいだろうと思っていたのですがそれも外れてしまい、それなりのお値段のシーフードレストランも外れ。

それならばと入ったラーメン屋さんもおいしくなくて・・・。

最終日に見つけたベーグル屋さんが唯一おいしかったです。

まぁ、私は中心のタモン地区にしかいなかったので、地元の人がいくような店に行っていません。

そういうところにはおいしいお店もあるのだとは思います。

うーん、でも「次行くなら別の国・・・」と思ってしまうほど、旅の食事は重要ですね。

東京の行列グルメは目まぐるしく移り変わり

パンケーキ、フレンチトースト、ポップコーンなど、東京の行列グルメは目まぐるしく移り変わりますが、今流行っているのがフライドポテト専門店だそうです。

広尾にあるアンド・ザ・フリットというお店で、2時間待ちのこともあるのだとか。

まだ行ったことはありませんが、すでにテレビで数回特集されているのを見ました。

何でも、イモの種類や切り方、塩の種類、トッピングソースなどが自由に選べて、その組み合わせ次第で何十通りもの食べ方ができるのだとか。

フライドポテトの発祥地・ベルギーの味を楽しめるそうです。

イモは、国産のものや、ベルギーから輸入されたものなど。

カットも、普通の細切りや、なみなみのウェーブカット、クリスピーカットなど、食感の違いを楽しめます。

ソースも、チーズやアボカド、サルサなど豊富で、どれにしようか悩むこと必至です。フライドポテトに行列なんて・・・とも思いますが、これは女性がハマる理由も分かりますよね。
楽しそうです。まぁ行列が苦手な私は行かないと思いますが・・・。

ポテトといえば、昔ケンタッキーフライドチキンのポテトが皮つきでおいしかったのですが、いつからか普通になってしまい残念です。

皮つきはフレッシュネスバーガーくらいでしょうか。食べたくなってきました。